Home イベント Alegria - Cirque du Soleil

Alegria - Cirque du Soleil

シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)の「アレグリア(Alegría)」バンクーバー公演です。

アレグリア(Alegría)はシルク・ドゥ・ソレイユの移動公演の演目の一つ。フランコ・ドラゴーヌ監督、ジル・サンクロワ芸術監督で1994年4月21日に初演、2013年12月29日にベルギー・アントワープで最終公演を迎えました。20年間で5,000回以上上演され、世界65都市以上、1000万人以上を動員しています。

「アレグリア」は大テントでのツアー公演から始まりましたが、2009年から2010年の北米ツアーからアリーナ・ツアーへと変わり、大テントでの公演が不可能だった都市での公演も可能になりました。1999年5月から2000年10月、MGMのボー・リヴァージュカジノで常設公演を行ったこともあります。

「アレグリア」はスペイン語で、英語では「joy」、日本語では「喜び」「歓喜」といった意味。シルク・ドゥ・ソレイユのパンフレットによると「パワーへの努力と若さのエネルギーの爽快さをオペラで表現」。レネ・デュペレの、フランス、スペイン、アフリカ、地中海などから影響され個性的にブレンドされたニューエイジな音楽が流れ、ドミニク・ルミューがデザインしたバーレスクのデカダンスな美学を表現する衣裳と装飾で表現されます。舞台や小道具はゴシック建築や大胆で直線的なデザインが特徴とされます。

アレグリア|Wikipedia


comment

メールアドレスが公開されることはありません。